京都で外国人向けの民泊の運営・物件をお探しなら【Seven Life】へ~民泊を始めるなら知っておきたい「民泊新法」~

京都で外国人向けの民泊の運営・物件をお探しなら【Seven Life】へ~民泊を始めるなら知っておきたい「民泊新法」~

京都で民泊運営の代行を依頼するなら他社よりも運営代行費が割安の【Seven Life】へ

京都で民泊運営の代行を依頼するなら他社よりも運営代行費が割安の【Seven Life】へ

京都で民泊運営の代行を依頼したい方は、【Seven Life】にご連絡下さい。地元の京都に特化した会社として、地域の特徴や土地勘を熟知しているため、きめ細かなサービスをスピーディーにご提供することが可能です。

初期費用0円の他、他社よりも割安の運営代行費18%で対応していますので、京都で民泊運営を専門会社に依頼する際は、お気軽にご相談ください。

民泊を始めるなら知っておきたい「民泊新法」

民泊という存在は、その「地域感」とごく一般的な家庭の中に入り込むという温かさから、国内旅行者の他にも外国人旅行者にも人気があります。

しかしながら、一昔前までは民泊として開業するためには、様々な要件を満たさなければならず、許可を受けて営業を始めるには高いハードルがありました。

ところが、2018年に施行された「民泊新法」によって、一定基準をクリアした物件であれば、それほど難しい手続きを経ることなく、個人が簡単に民泊を開業することが可能になりました。

■民泊新法について

民泊新法が施行されることによって、最も簡単になったのは、届出手続きです。許認可に必要な条件が緩和され、施設が空き家、別荘などでも営業ができるようになりました。

あとは、最低限の条件を満たし、所定の書類を保健所かオンラインから届出することで、いつでも営業を始めることができます。このように、民泊新法の下においては、多くの物件で民泊を開業できるようになりました。

一方、もし届出に虚偽の内容があった場合は、刑事罰が科される可能性もありますので注意が必要です。

京都の【Seven Life】では、お客様がスムーズに民泊を始められるよう、物件探しから旅館業の取得手続き、運営代行まで手厚くお手伝いさせていただいています。

京都で民泊・ゲストハウスの開業をお考えの方は、【Seven Life】にお任せ下さい。

京都で民泊(外国人向け)の物件をお探しなら【Seven Life】へ

京都で民泊(外国人向け)の物件をお探しなら【Seven Life】へ

京都で民泊(外国人向け)の物件をお探しの方は、【Seven Life】にお問い合わせ下さい。外国人のスタッフもいるため、英語でのやり取りをご希望の際も安心してお任せいただけます。

民泊の他にも、新築物件・中古物件・賃貸用物件・投資用物件などのご紹介も可能です。物件探しでお困りの際は、ぜひ【Seven Life】をご利用下さい。

詳細はこちらからお問合わせいただけます。

京都の民泊サービスに関するコラム

京都で民泊・投資物件なら【Seven Life】へお任せ

社名 合同会社Seven Life (英文表記 Seven Life LLC)
所在地 〒612-0005 京都市伏見区深草森吉町24番地30号
電話 075-741-8320
URL http://sevenlife7.com